雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

他人に何物も与えない仕事

ジェイコム株で20億円の利益を出した若者は、株投資の元手160万円を5年で「50億〜100億円」にしたという。そのインタビュー(AERA)。
asahi.com: 160万円を50億円超に ジェイコム20億男の投資術
素直に驚くと同時に、なんだか読んでていたたまれない気持ちになってくる。なんだろうかと思っていたらはてなブックマークにひとつ心に刺さるコメントを見つけて、少し納得した:

2006年01月13日 b:id:moof777 『他人に何物も与えない仕事から心の充足を得るのは、なかなか大変そう』

50億の彼は、自分のやってることを「仕事」とは思っていないだろうけど(「職業:無職」だそうだ)。
「株式市場には、企業に必要な資金を供給するという資本主義社会における重要な役割があります」と、まっとうな株の入門書には最初に書いてあるだろうけれども、そういう機能の一翼を担っているという意識は彼のような市場参加者(デイトレード*1、スイングトレード主体)は持てないだろうし。貢献できるとすれば利益の結果としての「所得税納税」くらいかな。千葉県の納税者番付にこっそり注目しておこう(といっても来年から発表をやめるんだったか)。


というのを3日前に書いたままアップし忘れて、今さらではあるんですがとりあえずアップしとこう。

*1:この彼はデイトレはやらないそうだが

広告を非表示にする