雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

悪者探しですねー

許されざるマネックス証券
と、いうふうにすっかりマネックス証券が悪者になっていますが、市場参加者のうちどれだけの投資家がマネックスに信用口座を開いていて、そのうちどれだけの人がライブドア関連株を代用担保に差し入れていて、そのうちどれだけの人が追証を迫られて持株を処分したというのがもうひとつわからない。「今日の東証の大きな売り圧力」とありますが、具体的に株価を何円押し下げる要因となったのでしょうか?


2000年のことだったか、東証が大きく下げたときに「日経平均の銘柄を入れ替えたのが下落の原因だ。余計なことをしやがって」と叩かれたときがあったですよね。で、それからしばらくはNHKのニュースで日経平均を伝えるとき「『構成銘柄が変わったので直接比較は出来ませんが』年初来安値を更新しました」とご丁寧に枕詞をつけていた。
それから株価は底を打って上昇基調になったが、やっぱり日経平均の構成銘柄は常に入れ替わっている。でも今は「直接比較は出来ませんが」なんてことは誰も言わない。日経平均の継続性の問題というのは変わらずあるのに。

まあ、株価が下がるときにはみんな気が立っていて、自分以外の誰かのせいにしたがるものなんだろう。くだんのエントリも「個人投資家に投げ売りさせて売買手数料を稼ぐために…」みたいないらぬ憶測が余計だ。


ライブドア株は今日も売りが殺到して値が付かない。ストップ安比例配分というのは「この値段ではまともに取引が成立しませんでしたごめん」ということで、本当の取引値ではない。値が付かないものの担保価値をどう見るかというのは、これはマネックスに限らず結構難しい話なんじゃないかと思う。東証は値幅制限などとっぱらって何円でもいいから取引を成立させる(値を付ける)べきじゃないか。
…きょうの前場ではライブドアグループ株のうちライブドアオートとセシールに値が付いて、マネックスライブドアオートの掛け目を元に戻した(セシールはもともと規制対象外)。よかったですね。たぶんライブドア株も寄った時点で規制解除だろう。それがいつかは分からないが…。


一応これは断っておかなければいけないか。私はマネックス証券に口座を持っていますが、現物の中期投資中心で信用取引はしていない。信用というのは要するに借金なわけで、借金してまでバクチ打つのは怖い小心者です。マネックス株もかつては持っていましたが日興ビーンズと合併する前に売ってますから、マネックスが手数料でいくら儲けてようが知ったことではありません。

広告を非表示にする