雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

ひどい試合

13点取られるのはさすがにプロとしてどうかと思うが、11点返されるのもどうかと思う、そんなゲーム(T13-11BS)。祝日ということで両チーム大盤振る舞いしたのかも知れないが、締まりがないゲームですね。
そんなゲームを見ている方も疲れるのだが、解説者がこれまたいかがなものか、であった。
実況アナ「この打者は開幕当初は不振でしたが、最近調子を上げてきましたね。良くなった原因をどう見ますか?」
解説「プロの選手に、調子の波ってのは付き物なんですよ。調子が上がらない時にどうやって我慢するか、それが大事ですね」
アナ「なるほどねえ」
なるほどじゃないよ。選手に波があることくらい知ってるよ。不調時の気の持ちようを知りたいんじゃなくて、不調を脱するためにどんな工夫してるかってのを聞きたいのに。実績のある選手にアドバイスするなら心構えを説くのもいいかも知れないが、テレビの前の視聴者はそうじゃないんだからさ。この解説者は以前打撃コーチをしていたけれども、そんなだから「男前」という評価しかないんだよ。まったく。ちゃんと仕事をしてください。
あとアナウンサー。こんなゲームを「死闘」とは呼びません。

広告を非表示にする