雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

ちょうちょのボタン

子供というのは不思議な生き物で、基本的にモノを知らないのだが時々変にひっかかることを口走る。
私の子供はまだ「と」と「ヒ」の区別もつかないくらいだが*1、なんでも自分でやってみたがる年頃だ。最近、マンションのエレベータで自分の階へのボタンにやっと手が届くようになり、自分が押すといってきかない。それはいいのだけど、階数ボタンの上に「開」「閉」のボタンがあって、「閉」の方を「ちょうちょのボタン」なんて呼んでいる。そう思って見ると、なるほど蝶が羽根を開いたように見える。それどころかいつも「ちょうちょ」「ちょうちょ」と言っているんで、最近は自分も蝶以外に見えなくなってしまった。困った。

息子は蝶が大嫌いである。蜂のように直線的でない、あのヒラヒラ不規則に飛んでいる姿をどうも不安に思うらしい。なんだそれは弱虫め。

*1:私の字が下手なせいでは断じてない

広告を非表示にする