雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

日本語学習にライトノベル

会社から帰る電車で、ブラジル人風の3人組を見かけた。なぜブラジル人かというとらしい顔立ちとポルトガル語(多分)を喋っていたのでそう思ったんだが違うかも知れない。ともかく、その3人は一緒に乗ってきてしばらく喋ったりしていたが、やがて2人が先に降りていって一人だけが車内に残った。
一人になった彼はバッグから文庫本を取り出して読み始めた。その本というのが「ゼロの使い魔2」なんていうライトノベルだったのにはさすがに少し驚いた。思わず彼の顔を凝視してしまった、失礼しました。
ラノベというのは日本語学習用には結構いいのかも。文章は簡単だし、会話が多いし、ちょっと難しい漢字にはルビが振ってあるし。本の選択を間違えると完全に崩壊した日本語を読まされるハメにもなるが。


もっとも、その彼は日本人で、外国人の友人と外国語で会話していただけなのかも知れない。でもそれだと面白くないので勝手に日本語勉強中のブラジル人に決定。

広告を非表示にする