雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

「敵」と戦う「私たち」

「首相の靖国参拝に反対する人は中国の言いなり」という言いようは、「郵政民営化に反対するのは抵抗勢力」という決めつけに似てる。

それにしても「自虐史観」とか「反日ナントカ」とか「媚中派」とか、いかにも嫌な語感の言葉を発明するのが得意な人がいますな。この手の言葉を使えば、いかにも自分が何か「世間にもの申した」気分に浸れるしね。上手いな。

参考: google:媚中派
↑この言葉を最初に使ったのはいつ、誰が、どこでだろう。

広告を非表示にする