雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

変な邦題

最近はぶっとんだ邦題というのがなかなかなくて面白くない。アーティストも会社も、邦題のせいで変なイメージがつくよりは原語(カタカナ)のままにしておきたいという事情があるらしい。しかしながら今年の映画で「パイレーツオブカリビアンデッドマンズチェスト」というのはあまりに芸がないというか、日本語になってないというか(いや日本語じゃないが)、そもそも長すぎるというか、こんなタイトル昔なら絶対ヒットしないとかいって「続・カリブの海賊 デップ最大の危機!」なんて邦題になってたはず。「ロードオブザリング」だってそう、「指輪物語」というすばらしい邦題が既にあるのに。もっともサブタイトルは「王の帰還」のように日本語になっていた。とはいえ何でもかんでも「愛と哀しみのナントカ」というのも、それはそれで困る。
ファミリー向け映画でも「そのままカタカナ」というのが多い。「ファインディングニモ」やら「ミスターインクレディブル」やら、作者の気持ちも分からないでもないがここは「ニモを探して大冒険」とか…ああセンスのない自分が悲しい。
404 Not Found
音楽では、最近の期待はこれか。↓

ときめきダンシン(期間限定特別価格)

ときめきダンシン(期間限定特別価格)

原題と何も関係ないところがまた素晴らしい。もっとも原題は "Ta-Dah" (ジャジャーン!)で、これでは日本の担当者も困ったと思う。そこから「ときめきダンシン」!に着地したのが難度高い。

それはそうとはてなパーカー欲しい!

広告を非表示にする