雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

匠のリフォーム

実家でリフォームを行った。以前にも書いた (id:gyogyo6:20050805:p1) けれども、この実家を設計した人は後に「大改造!!劇的ビフォーアフター」に「匠」として出演した人。実家はこの人が仕事を始めて間もない頃の作品(作品というほど大層なものじゃないか)である。今でもしっかりした造りだが、住人が歳を取り、あるいは家を出てさすがに使い勝手が悪くなってきたので台所を中心としたやり替えとなった。もちろん、リフォームを手がけたのも匠さんである。
最終段階になってその匠さんが、台所の吊り戸棚がちょっと変だからもういちど見てくれと言い出した。「どこも問題ないですけどねえ」と言いつつ工務店が調べると、設計図から2ミリほどずれて取り付けられていたのだそうだ。当然、作業のやり直しとなった。2ミリくらいなら生活する上で特に支障もなかろうと思うのだが、この「2ミリを許容するかしないかで家の保ちが何年変わる」と仰られると、そりゃそうだよなという気にもなる。
かくして「匠のリフォーム」は予定よりも少々遅れて完成した。番組は終わってるけど。
この匠さんのいいところは、態度が全然変わらないことだ。仕事が増えた今では、うちなどちっぽけな顧客に違いないのだが、それでも手を抜いているようなそぶりは全くない。


この記事のBGMはこれで。

ビフォー・アフター

ビフォー・アフター

いや、この音楽は全然似合わないな。「7年前に他界したおじいちゃん愛用の品を再利用して云々」といった情緒的な要素は皆無のリフォームだったから。

広告を非表示にする