雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

スポーツ解説の向き不向き

今そこで何が起きているのかを的確に指摘してくれるスポーツ解説者が好きだ。そこへスライダーを投げる意図、無駄のないディフェンスの動きの起点、あるいは心理の読み合い。同じ現場に立ち、修羅場をくぐり抜けてきた元選手にしか語れない言葉が、視点があるはず。素人である自分の知見を広げてくれる瞬間がいい。

それを「今のスイングは気持ちで上回ってましたね」なんて言葉で片づけてもらっては困るのである。卓越した身体能力を持っていた選手は、何も考えなくとも「気持ち」だけで相手を抑えられていたのかも知れないがね。そういう方はやはり解説には向かないのではないかと思う。
「さっき会って話しを聞いてきたんですがみんな気合い十分でしたから今日は大丈夫ですよ」っていったい何を取材してたのですか、である。

広告を非表示にする