雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

久間氏の発言をめぐる…

久間氏の発言をめぐる関係者発言の変遷。以下の発言は主に朝日・読売の記事から採った。

6月30日

久間大臣・講演で発言「原爆を落とされて長崎は本当に無数の人が悲惨な目にあったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今、しょうがないなと思っている」
久間大臣・発言の意図を説明「核兵器の使用は許せないし、米国の原爆投下は今でも残念だということが発言の大前提だ。ただ日本が早く戦争を終わらせていれば、こうした悲劇が起こらなかったことも事実で、為政者がいかに賢明な判断をすることが大切かということを強調したかった」
安倍首相「詳しいことは聞いていないが、米国の考え方について紹介をしたと承知している」「自分としては忸怩たるものがあるとの被爆地としての考え方も披瀝されたと聞いている。核を廃絶することが日本の使命だ」
民主・菅代表代行防衛大臣として全くふさわしくない。原爆投下そのものを容認する姿勢は取るべきではない」
共産・志位委員長「被爆国の閣僚として失格だ。核戦争が仕方がなかったという発言は、どんな理由があれ許されない」

7月1日

久間大臣・陳謝「被爆者を軽く見ているかのような印象に取られたとすれば、大変申し訳なかったという気持ちだ」
安倍首相「防衛相として、核廃絶にこれからも大いに力を発揮していただかなければならない」「国民に誤解を与えるような発言については厳に慎んでいかなければならない」

7月2日

久間大臣、首相官邸にて「長崎・広島の被爆者に申し訳ない。発言を撤回しおわびする。内閣にもご迷惑をかけた」
安倍首相「大きな被害を受けた長崎、広島の被爆者の気持ちに立って常に考えなければならない。誤解を与える発言は厳に慎んでもらいたい」「久間大臣は発言の重みをしっかりかみしめ、今後反省した上で核軍縮に向けて努力してもらいたい」
久間大臣・撤回の意図説明「昨日のいろいろな正確な記事を読んでみて、私の言い方にも問題があったなと思ったから」野党の罷免要求に「そんなのはよくあることだから」
保坂三蔵参院議員「万死に値する。辞任要求と強い言葉になったが、それは本心だ」
舛添要一参院議員核廃絶は国是で発言は極めて遺憾。責任をとってもらいたい。それは辞めることではなく、土下座行脚をしていただきたい」
漆原良夫(公明)「政権浮揚に努力しているのに、足を引っ張る発言は許せない。強い憤りを感じる。迷惑千万」
森元首相「若干、問題発言の大臣(久間防衛相)がいたな、ということだが、(安倍首相)自身には責任はない。安倍さんに対する人気はある。ただ、内閣全体に対する不信感が出てきているのは確かだ」
安倍首相「選挙を控え大変厳しい戦いを戦っているわけだから、そういう気持ちになるのは当然だろう。久間大臣にはこういう声もしっかりと受け止めて、発言には慎重になっていただかなければいけない」「そういう観点から今日は官邸に呼んで厳しく注意をした」
参院自民党幹部「久間氏がここで辞職したら、安倍政権の致命傷になりかねない。最悪の条件の中で戦うしかない」
中川幹事長「発言は適切ではなかった。今後は核廃絶の信念を全力で、行動で示してほしい」

7月3日

田上長崎市、久間大臣に面会「発言は被爆者の心情を踏みにじるものとして、多くの批判が噴出しており、被爆地長崎としては決して看過できない。いかなる理由があろうとも(核兵器の)使用は許されないということを深く認識され、核兵器廃絶に取り組むことを要請する」(要請書)
久間大臣長崎市民や県民、全国の被爆者に、本当にご迷惑をおかけしてすいませんでした」
安倍首相閣僚懇談会にて「いよいよ国会も終わりに近づいた。これから参院選で各閣僚が応援で発言するが、言動に気をつけて緊張感を持って対処してもらいたい」
久間大臣「(首相の言葉は)私のことが一番念頭にあってのことだと自分自身に言い聞かせて、気を引き締めてやらなければいけないと思った」
溝手国家公安委員長「私も被爆者。どんな理屈や大義名分があっても、核を是認するような発言は厳に慎むべきだ」
冬柴国交相(公明)「2度までも原爆の被害を受けた唯一の民族として、どんなことがあってもこれを容認する発言をすることは許されない」
伊吹文科相「発言は慎んで気を配りながらやっていかなければならない。ただ、選挙はやっぱり一種の戦い。敵に揚げ足を取られることもいけないけれど、萎縮をして言うべきことを言わないということがあっては戦いにならない」
渡辺行革相「まさしく萎縮をせずに堂々と発言をすることも大事。それぞれの閣僚の『失言フィルター』がしっかり機能しているかどうかということではないか」
公明・浜四津代表代行「ご自分で身の処し方を賢明に判断していただきたい」

7月3日午後

久間大臣辞任表明「長崎の皆さんに非常にご迷惑をおかけした。理解が得られないようなので、それに対して申し訳ない、けじめをつけなければいけないと私自身、辞任することにした」「今日昼ごはんを食べながら自分で(辞任を)決めた。参院選への影響も懸念して決めた」
安倍首相「本当にいろいろやってもらったのに残念だ」
自民党長崎県連幹事長「しょうがない。本人の問題だろう」
民主・鳩山幹事長「辞任は当然だが、問題閣僚を多数抱えている安倍首相の任命責任が残る。安倍内閣の本質のような失言だ。本来なら直後に辞めるべきだった」

思ったこと

日記にはもっとほのぼのした話題を書きたいよう。うまいビールの話とか。

広告を非表示にする