雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

変なマンション名

新聞の「海外特派員コラム」によると、台湾でマンションに日本風の名前をつけるのが流行っているらしい。「日光」「横綱」「甲子園」に「夏目漱石」。「甲子園」は、いちおうデベロッパーが「創立60周年ですので」という理由もあるらしい。夏目漱石は「画数が悪い」というので勝手に「夏木漱石」に改名されてるんだそうだ。漱石ほどの大作家を「画数が悪い」とはねえ。「夏木漱石」という名だったらもっと長生きしてもっと傑作を書いてたのだろうか?
マンションの名前と言えば日本でも相当変なのがあって他国のことは言えない。うちの近所でも、ちょっと前「ラブリー○○」という大型マンションができた。「ラブリー」程度ならいまどき大したことないけれども、世帯数が多いので小学校ではそこのマンションだけで独立した地区のこども会をつくることになり、ついた名前が「ラブリー地区こども会」。「宮の前」「駅前」「神田上」なんて地区名の中にいきなり「ラブリー」なのでインパクトでかい。マンション名だけならまだ我慢できても、学校で「はーいではラブリーの皆さんはこっちに集まってください〜」とか言われるのはちょっと嫌ではないかと思う。

広告を非表示にする