雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

言論の自由と日本語の不自由

数日前の記事ですが。気のせいだと思う。

「これまで我が国では反日的言論の自由は無限に保障されていたが、親日的な言論の自由は極めて限定されていたような気がする」

asahi.com(朝日新聞社):前空幕長、一般誌へ投稿呼びかけ 4年前、隊内雑誌に - 社会

いやそれ以前に「親日的」って一体なんですか…。親日反日って、そもそも外国人の日本に対する態度のことでしょうに。「お前反日だろ」という(日本人に対する)物言いは、「そんなことを言うのは日本人じゃないや」という含意もあって百歩譲って罵倒語としてはアリかと思う*1が、その逆、「私は親日的ですぞ」と日本人が言うのは日本語として変だ、と書いていて感じないのが不思議だ。こういう奇妙な言葉遣いが一部で流行っているのだろうか。

*1:頭は悪そうに聞こえるが

広告を非表示にする