雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

FMが情報源になっていた理由

28日、3月1日と、NHK-FMでFM放送40年を記念した特別番組をやっている。BGMがわりに聴いている。
萩原健太近田春夫が出ていて、昔のFMが音楽の情報源だったことを語っていた。
なんせ昔は英米のミュージシャンが新譜を出しても、日本盤が発売されるタイミングが遅くて(良くて2-3か月遅れ、半年から1年先になる場合も)なかなか実際の音を聴けない。円レートも安く、輸入盤は高くておいそれと買えない。ずーっと後になると船便で輸入された安い盤が入ってくるがそれはもう新譜とは言えない。いきおい、ラジオでかかるのが「最新情報」になってたと。
…そうだよなあ。ほんの少し前のことなのにもう忘れてるもんな。
現在では海外より日本盤が先行発売される例もあるけれど、いつごろからこうなったのだろう。きっかけは何だったっけ?

広告を非表示にする