読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

薩摩屋の変貌に驚く

姫路の駅から総社まで歩く途中、御幸通りと本町通りという二つの商店街を抜けていく。その、お城に近い本町通り商店街の中に、「薩摩屋」というお店がある。かつてここは店先に「靖国神社国家護持」という看板を大きく掲げ、日の丸の旗や「必勝」「神風」のはちまき、軍国グッズなどを売るお店であった。(他にも何か売っていたかも知れないがそういうのばかりが目立つ店だった)
それが昨日店の前を通ると、全然違う店になっている。屋号は同じ「薩摩屋」だが、「和小物・工芸品・旗」という看板をかけ、ちょっとおしゃれな小物店に変身していた。看板の最後の「旗」というのがたぶん日の丸のことだろうと思う。隣にギャラリーまで併設している。まあ看板の横に自民党のポスターをバーンと貼っていた*1ので「ああなるほど薩摩屋だ」とちょっとだけ安心したのだけれど、逆に言えばそこくらいしか面影がない。いったい何が起きたのだろう。ご存知の方は教えていただけませんか。*2

追記

コメント欄にて教えていただきました。ありがとうございます。

*1:なお、この選挙区の自民党候補は、一部で有名なあの戸井田徹氏(前の選挙で落選)である

*2:自分の記憶はずいぶん長い間アップデートされてないので、いつごろこうなったのかもよく知らない

広告を非表示にする