雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

最近の話題より

キムヨナと浅田真央の得点についていろんな意見が出ています。私は素人ですので間違ってたら教えてほしいのですが、どうして問題になってるのか分かりません。

  • 技術より芸術が優先される。トリプルアクセルの基準点が低い。こんな採点基準はおかしい
    • おかしいったってそういう基準なんだからそれに対応したプログラムを組んだ人が勝ちますよね。ダーツの的には、ど真ん中(ブルズアイ)よりも点数の高いゾーンがありますが「ど真ん中が一番高得点でないのはおかしい」なんて言っても仕方ありません。受験勉強も、配点の低い分野をがんばっても効果は薄い。フィギュアにおいては日頃のトレーニングで、トリプルアクセルの成功率を上げる練習より、芸術点を高めるトレーニングに重点を置くのが高得点対策としてはベターじゃないでしょうか。トリノ五輪の金メダリストはどうやってたのでしょうか。
      • 採点基準を変えたいのなら、それなりの政治力をつけて味方を作る努力をして運動すればいいと思います。「彼女の得意分野の配点比率を上げてください」と主張して、説得に成功すれば変わるんじゃないでしょうか。
    • 余談ですが、日本のスキージャンプのヘッドコーチであるフィンランド人のユリアンティラ*1が就任直後に選手やコーチの態度を怒ったという記事を読んだことがあります。「彼らはルール改正への不満を述べるばかりで、変更に対応したトレーニングをしようとする者が誰もいなかったからだ」
  • どう見たってキムヨナより出来がいいのに、点数が伸びないのはジャッジに不正があるからだ
    • 私は素人なので判断はつきませんが、点数に疑義があるならしかるべき人がしかるべき場所で声を上げるべきかと思います。外部の人間が「どう見たっておかしいだろ」と言ってみてもはじまりません。シーズンは長いのですから、シーズン当初から変だったとすれば修正を求める機会はあったんじゃないでしょうか。
    • 仮に「不正」があったとすれば? それは、そんな「不正」にクレームを付けない日本の、いや世界中の(某国以外の)連盟が無能というだけでは。


よく柔道でルール改正があるとき、「日本はジュードーじゃなく、日本の柔道をやればいい」なんて意見が出てきます。フィギュアスケートにおいても日本の意見が通らないのであれば、いっそのこと国際的な連盟から脱退して、技術至上主義の採点でもって順位を決める新たなフィギュアスケートをはじめてみてはいかがでしょうか。
空手に「型重視」「実戦重視」といろんな流派があるように、スケートも美を追究する派、ジャンプを極める派などあっていいと思いますよ。名前は「真正フィギュア・名古屋派」あたりでひとつ。オリンピックのメダルはなくなりますが。

最後に

私は安藤美姫を応援してますのでそこんとこよろしく。もちろん安藤だけじゃなくみんながんばれ。なんか明日は「公式練習」からテレビで生中継するそうで、大変なことですな。

*1:五輪後に退任とのこと

広告を非表示にする