雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

今夜の阪神ヤクルト戦の見どころ

まあいろいろあった試合だったが、個人的に面白かったのは2回の裏。
スコアは1対1、金本の打ち上げた飛球が京セラドームの天井に当たる
→グラウンドルールでは、天井にボールが当たってもボールインプレーだが
→勘違いした一塁塁審が、当たった瞬間「ファール」を宣告してプレーを止めてしまう
→審判は長時間協議(協議と言っても、明らかにルールを間違えて適用したので「しまったなあ、どうしようか?」という相談だろう)。テレビ中継の解説は「言っちゃったものはしょうがないですよね、ファールと2ベースと間を取ってシングルヒットなんてどうですかね」などと適当なことを言っている。
→ベンチの中では、壁に記されているローカルルールの掲示を浅井などが指さしながら読んで、笑っている。
→責任審判が場内に説明。「本来はインプレーだが、審判がファールと言って守備側も攻撃側もプレーを続ける意志がなかったため、ファールにします」要するに、草野球で言う「ノーカン」みたいなもん。当然ながら(阪神ファンだらけの)場内騒然。
→真弓監督も抗議するが判定覆らず、
→金本は打ち直し。→結果:勝ち越しホームラン

他にも見どころは多かったのだが

きちんとオチがついたというのも含めてポイント高し。滅多に見られないモノを見ました。しっかりしてくれよ審判。

追記:おこられとる

ローカルルール適用間違え、審判員制裁(YOMIURI ONLINE)

日本プロ野球組織の加藤コミッショナーは16日、15日の阪神―ヤクルト戦(京セラドーム大阪)で、阪神・金本の打球が天井を直撃し、フェア地域に落下したのにもかかわらず、「ファウル」の判定を下した坂井審判員に厳重戒告と当該試合の出場手当50%減額の制裁を科すとともに、責任審判だった友寄審判員らを注意処分とした

広告を非表示にする