雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

無印が帰ってきた

近所のイオンSCビブレ内に、この春から無印良品がテナントとして入った。かつてはイオンのライバル・セゾングループだった無印だが最近はそういうのあまり関係ないんですね。

わが町の無印良品の店は、しかしこれが何年ぶりかの「復活」になる。というのも、かつてイオンSCの近所に西友があり、その中に無印ショップが入っていたのだ。しかし、イオン(当時は倒産前のマイカル)開業と時を同じくして、「こりゃ勝てんわ」ということで西友が閉鎖した。テナントの無印も一緒に消えた。

そこから、かつて自分を追い出したSC内に華麗に復活というわけで、これはなかなかドラマチックなストーリーではなかろうかと思う。「イオンもいろいろ大変で、なりふり構ってられないのだね」とも言える。

なお西友のあった場所は、西友以前はボウリング場だった。それが西友になり*1、撤退後はほぼ居抜きで家電チェーン店が入り、そこが倒産して閉店、現在は巨大パチンコ店である。なんというか栄枯盛衰を絵にかいたような場所である。テナントとして1Fに入っていた銀行の支店は2回倒産して3回名前が変わった。さすがにパチンコ屋と同居はできないのかいまは移転している。
西友の栄光を書き留めておこう。ちょうど西武ライオンズの黄金期と重なっていたため、関西なのに秋口には近所の住民はみんなライオンズファンになった。もちろん優勝記念セールのため。あと西城秀樹がショーをしたときには町中の人が集まった。今のイオンに(当時の)ヒデキクラスのタレントなんか来ないだろーへへーん。せいぜい吉本の芸人か着ぐるみのプリキュアだ。

*1:前がボウリング場なので店内に不思議な段差があった

広告を非表示にする