雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

イランのユニフォーム、格好いいじゃないか

残念ながらグループリーグで敗退してしまったが、イランのユニフォームと言えば大会前は「財政難から試合後に交換禁止を通達」なんていう格好の悪いニュースが話題になった程度だった。(もっともこれはガセだったのか方針転換したのか、普通にユニフォーム交換をやっていたが)
(参考:ブラジルW杯:イラン代表、「禁止令」のユニホーム交換 - 毎日新聞)

そんなわけであまり注目もしていなかったけれども、写真を見て「こ、これはかなりいいのじゃないか?」と思ったのだ。

f:id:gyogyo6:20140627145639j:plain

こちらの写真はグループリーグの3戦目、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦でのもの。よく見ないと分からないのだが、ユニフォームの身ごろ(胴体部分)は白一色ではなく、薄くヒョウの絵がプリントしてある。
これはペルシャヒョウ(アジアチーター)という、イランに生息するヒョウで、絶滅寸前で保護が図られている希少種なのだという。なんだこの目立たないおしゃれは。

そしてもひとつの注目点が胸の中央というか首に近い部分。赤いラインのすぐ下に2つの旗があしらってあるが、これは自国イランと対戦相手のボスニア・ヘルツェゴビナの国旗だ。相手へのリスペクトの意思をこんなところで表している。

めちゃめちゃ格好いいじゃないか。今大会のベストデザインに認定したい。もう大会で見られないのが残念だ。

広告を非表示にする