雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

バスではなくバース!

今年北海道日本ハムに加入したアンソニー・バース投手、綴りは Anthony Bass であり、発音に忠実なカタカナでは「バス」表記になるはずだがここはかつての神様こと元阪神のバース(Randy Bass)にあやかったか登録名には「バース」と長音符が入っている。
www.fighters.co.jp

もちろん阪神のバースも本当の発音は「バス」の方が近い。それが「バース」となったのは、最初は発音通り「バス」で登録しようとしたところ親会社の阪神電鉄に「活躍せんかったら『阪神の欠陥バス』『オンボロバス』と新聞に書かれるやろ、うちは路線バスも走らせてるからイメージが悪くなる、やめてくれ」*1と言われたから説がまことしやかにささやかれている。来日してみたらみんなからバースバース言われてバースも最初は面食らったに違いない。
バースがバスと呼ばれていたらあんなに活躍できていただろうかとふと考える。彼の活躍がなかったら阪神唯一の日本シリーズ優勝も三冠王も史上最高打率もなかったろうし、そして球団代表の自殺も起きなかったかも知れない。

なお、ランディ・バースとアンソニー・バースの間には同じ綴りを持つ「アダム・バス(Adam Bass)」投手が2007年、野村監督時代の楽天と契約したが、5試合登板0勝3敗防御率7.63の成績に終わっている。彼がもし「バース」だったら…?


巨人に加入した「ギャレット・ジョーンズ」(Garrett Jones)外野手も、登録名はジョーンズでなく「ギャレット」である。これは恐らく元広島の70年代の名選手ギャレット(Adrian Garrett)にあやかったに相違ない。
ギャレット.Jのプロフィール|読売巨人軍公式サイト


バースもギャレットも、あやかり元以上の活躍が出来るだろうか。

*1:現在阪神バスは別会社になっているが、バース在籍当時は阪神電鉄直営でバスを走らせていた

広告を非表示にする