雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

「私を野球に連れてって」覚え書き

先の「WEEKEND SHUFFLE」でもカバーしている「私を野球に連れてって」(Take me out to the ballgame) 、この曲の作詞者 Jack Norworth は、1908年にこの曲の詞を書いたとき実際の野球を見たことがなかった。試合開催を告知するニューヨーク市地下鉄のポスターを見て、想像で作った。その後もノーワースは野球観戦を頑として拒否し、はじめて見たのは詞を書いた32年後だったという。
1949年の同名のミュージカル映画フランク・シナトラ他出演)にも使われている。
メジャーリーグでは7回表終了後に観客全員で立ち上がってこの歌をうたう「セブンス・イニング・ストレッチ」が定着しているが、この習慣が広まったのは意外に新しい。1976年にシカゴ・ホワイトソックスの場内アナウンサーがやりはじめたのがきっかけと言われている。ちょうど阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」が、ラジオパーソナリティだった中村鋭一がタイガースが勝った翌朝に大阪のラジオ番組でガンガンかけて有名にしたのと似ている*1
なお「ウィークエンド・シャッフル」版で土岐麻子は、スタジアムで歌う際には通常省略されるイントロ部分(ていうのか。「ケイティ・ケーシーは野球狂」とかいうところ)もうたっている。

*1:ちなみに正式名称「阪神タイガースの歌」よりも曲の歌い出しを取った俗称「六甲おろし」の方が有名になったのも中村鋭一のせい

広告を非表示にする