雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

福袋全盛時代

「何か買いたい欲はあるのだが、買いたい物が何もない」という倒錯の結果が現在の福袋ブームなのだと天野祐吉が書いていた。なるほど。しかし福袋をバラして中身を公開とか交換とか、ましてやオークションで売るなんて人は何を考えているんだろう。運気を自ら逃がすような行為だぜ?
私は大昔に買った福袋で外れを引いたトラウマがあるので以来一切買わない。やたらと重い袋だったんで期待して開けてみたら、「○○産業創立10周年記念」と刻印の入ったガラス製の大きな灰皿が10個ほど入っていたのだった。売り物ですらないじゃないか。在庫処分以下の仕打ちに、泣いた。

広告を非表示にする