雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

評判の悪い選挙の収め方

今日が投票日の自民党総裁選の評価がよろしくないらしい。「結果が分かってるのにだらだら5人で宣伝を続けるな」「今は選挙なんてやってる場合じゃないだろう」など、厳しい「街の声」があるという。とはいえ、はじめてしまったものは仕方がないのでここはどういう結末にするかが老獪な自民党の腕の見せ所だったのだと思うけど。
5人そろっての宣伝が功を奏していないと判断した時点で、麻生氏以外の4人の候補は降りるべきだったのではないか。理由は「金融危機が迫る中、一刻も早く全党を挙げて取り組む体制を作ることが最優先だ、この一点において我々はキャンペーンを中止する」とかでいいのだ。なんかアメリカ大統領選挙の候補者が「名誉の撤退」演説をするみたいで格好いいじゃないか。これを先週の水曜か木曜あたりに「緊急記者会見」で5人揃ってバーンとやれば結構批判を封じ込められたんじゃないか、と政治にはまったく素人の私は思うのだけど、浅知恵かねえ。
あと考えたのは、今日の投票当日に、地方票が開票された時点で「これ以上の開票はやめましょう」と小池百合子が緊急動議を出すというアメリカ民主党大会ヒラリーのパターンだが、もう遅いか。余計に茶番に見えるか。(それ以前に小池さんは対抗馬ですらないのかな)
というわけで「自民党にアドリブの利く知恵者はもういないのか」というのが感想。(以上、9/22午前中記す)
「祝麻生首相」欧州委がメッセージ誤送信(asahi.com) ワロタ。首相指名は24日予定だというのに、ずいぶんとフライングだ。

広告を非表示にする