雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

ゼロパーセント

天気予報で「降水確率」の発表がはじまったころ、一番低い確率は「0%」ではなく、「5%未満」という表現だった。当時は「0%という確率は、理論上ありえないんです。だから5%未満とするのです」と説明されていた。しかし、「なんだかわかりにくい」という声に押されて、ほどなく「0%」と発表するようになった。
で、0%と発表された日に雨が降るとみんな怒るんだ。勝手ですよね。

広告を非表示にする