読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

ゴールデンウィークの甲子園

5月6日の広島戦。9点差をひっくり返す歴史的大逆転劇。
npb.jp
「優勝した暁に『この試合が今季を象徴するようなゲームだったね』と語り継がれる試合が誕生したな」
その通りなのですけど、そういう試合は毎年何試合かあって、肝心の「優勝したアカツキ」がなかなか訪れないのがネックである。

私はこの日は家族で甲子園、ではなく、同時刻に神戸サブ球場で行われたオリックス阪神のファームの試合を小雨の中観戦。観客約200人、甲子園の200分の1。阪神ドラ2の小野投手が好投し、甲子園の途中経過を確認して「(プロ初登板で4回6失点の福永じゃなくて)こっちを一軍にあげたら良かったんと違う?」などと言いながら帰路についた。帰ってテレビをつけたら阪神の猛反撃の場面。おいおいおい。びっくりしたなーもう。


そして翌5月7日は満を持して甲子園で一軍を観戦。金曜土曜と連勝してるから今日はまあね、と思ってたらなんのなんの、鳥谷の初球打ちタイムリー安打という滅多に見られないものまで飛び出しての快勝。
npb.jp
「優勝した暁」が現実になると良いな、と少しだけ期待するゴールデンウイークでした。

この日は、福永と入れ替わりで一軍昇格したばかりの伊藤隼太がさっそく代打で使われていた。彼は前日のファームでバックスクリーン直撃のホームランを打っている。それで呼ばれたのか、その前から昇格が決まっていたのかは知らないけど。結果は三振だったが「上がってきたらすぐ試合に出す」姿勢が大事ですな。


5日~7日の甲子園は「ゴールデンウイークこどもまつり」ということで、選手紹介の時に「こどものころにあこがれていたヒーロー」もあわせて紹介された。梅野や中谷が「城島健司さん」と答えていたのだが、前の席の男の子がそれを見てお父さん(たぶん)に「じょうじまってなに?」と聞いていたのが面白かった。そ、そうか…。「誰?」ですらないのか…!城島さんたまには関西にも顔を出してください。

WBCの素晴らしい静寂

昨日のWBC日本対オランダ戦、5時間近い長丁場の試合は延長11回タイブレークの末に決着がついた。この試合で私が素晴らしいと思ったのは9回裏の場面だ。
9回2死から同点打を浴びなおもサヨナラのランナーが3塁、勝利のムードが一変一打サヨナラ負けの大ピンチである。時間も午後10時を過ぎ、タイコやトランペットでの応援がなくなる。緊迫した場面。オランダチームのファンは人数も少ないし騒がない。日本のファンは声も出さず固唾をのんで見守る。そして投手が投げる瞬間、スタジアムが完全な静寂に包まれる。

空振り三振。静寂から一転して大歓声。

「固唾をのんで見守る」文化が日本のプロ野球観戦から消滅して久しい昨今、こんな場面、滅多に見られないぞ。本当に良かった。これだけでWBCの元は取った。

小久保監督ありがとう。則本を出して打たれてこんな場面を作ってくれてありがとう。寝るの遅くなっちゃったけどありがとう。試合開始午後5時くらいにしたほうがいいと思うけどありがとう。

WBCのこと

バンデンハークがオランダチーム。バレンティンもオランダチーム。デスパイネキューバ。 呉昇桓、李大浩はもちろん韓国チーム。マシソンはカナダ。レアードはメキシコ。陽岱鋼は台湾(今回は出場しないようだが)。
私にとってWBCの魅力は、日本チームが活躍するかどうかよりも「知ってる選手がこんなチームの主力になっている」驚きと楽しさだ。そういえば第2回WBC、決勝でイチローがタイムリーを打った時の投手は当時ヤクルト所属の林昌勇*1だった。日本のプロ野球所属の選手達がシャッフルされて別々のチームで優勝を目指す。楽しいじゃないか。
昔日本のオフシーズンに「東西対抗」という試合があった。セパの球団を東西に分けてチームを組むもうひとつのオールスター戦だ。あれが球団の東西でなく、「選手の出身地の東西」でチームを作っていたらもっと面白いのになと思っていた。当初のWBCの理想は、ここだったのだろう。世界中から集まったメジャーリーグ所属のトップ選手達がシャッフルされ、出身国ごとに集まって競う大会。オリンピックほどナショナリズムが出ない大会。楽しいじゃないですか。この中では日本や韓国やキューバといった「自国リーグの選手主体で作ったチーム」はむしろ異端だ。
MLBが非協力的なため、出場する選手は理想とはほど遠く、残念な大会になっている。そして第1回第2回は、メジャーリーガーのほとんどいない異端チームが勝ち進んでしまい、いよいよ(メジャー的には)盛り上がらなかった。そんな雰囲気はずっと続いている。今回はどうなんだろう。

われらが阪神からは藤浪くんがただ一人出場する。セットアッパーを任されるなんて話が聞こえてくるが大丈夫かと思う。藤浪といえばエンジンの掛かりが遅く、先発したら初回に必ずピンチを招いているイメージしかないんだけど。まあ、ペナントレースに支障のないようにそこそこ投げてケガせずに帰ってきて、本番で活躍してくれたらそれでいいわ。

というわけで今日は日本チーム対阪神というカードでしたが、阪神は大山、糸原というルーキー勢が良い当たりを放ち、投手はリリーフ陣がスコーンといかれてまだ調整が必要かなというところですが今後に期待が持てますね。WBC? がんばってください。しかし明らかに応援は代表チームより阪神の方が多かったな京セラドーム。まあこれだけお客さんが入ったのも虎ファンのおかげということで。
あと代表チームには例えば福留のような「にらみの効くベテラン」が必要じゃないかと思うんですがね。あとキャッチャーはこんな調子じゃ谷繁を現役復帰させる方がまだましなような気がしますが、まあいいか。

*1:何と今回も韓国チームのメンバー入りしている。楽しみ!

ドライブレコーダー装着とふるさと納税

クルマにドライブレコーダーをつけることにした。
きっかけは子供の部活である。遠くで試合がある時、ちゃんとした大会なら学校からバスに乗っていくが相手の学校に出かけての練習試合など非公式の試合なら部員の親がクルマを出し、分乗して行く。うちの子も上級生になり、親の我々にクルマ出しが回ってくるようになった。よその子を乗せるとなると責任もかかってくる。幸いなことに今まで交通事故の経験はないが、万が一事故を起こすと大変なのでドラレコでもつけようかと、そういう流れである。

何がいいのかの知識もほぼない状態で調べだしたが、どうも例の「ふるさと納税」の景品(とは言わないのか、「返礼品」か)にドラレコがあるのを知る。

【AJ-02】JVCケンウッド ドライブレコーダーDRV320 | 長野県伊那市 | ふるさと納税ランキングふるなび
製品はこれ↓
www.kenwood.com

3万円寄付したら送ってくるというので、そんなのアリかよと思いつつ振り込んでみたら本当に送ってきた。うーむむむ。以前「こんな制度おかしいぜ」と言った手前、非常に忸怩たるものがある。これ税金だからな。

ちょうど1年前のエントリ
ふるさと納税の謎収支 - 雷電のチチ日記

で書いた収支表(おカネの流れ)を改訂してみる。ドラレコの値段が分からないけれども、カカクコムを見ると当該機種の現在の値段が1万5千円前後。市に納入する時はもう少し安いんじゃないのと見込んでエイヤで1万円にした。もちろん税額も含めて概算である。
なお前のエントリでは「税金が減ってしまう自治体へ国から補填される地方交付税」を見込んでいなかったのでそれを付け加えている。

主体 寄付額 所得税 住民税 地方交付税 お礼 トータル
わたし -30,000 +6,000 +22,000 -- 現物 -2,000と現物
-- -6,000 -- -16,500 -- -22,500
A市 -- -- -22,000 +16,500 -- -5,500
B市 +30,000 -- -- -- -10,000 +20,000
B市の業者 -- -- -- -- +10,000 +10,000

「A市」が自分の住む市*1、「B市」が今回で言えば伊那市である。私の寄付した額が、B市と業者で山分けされている計算だ。うーん、本当にいいのだろうか? これ税金ですよ(2度目)。地元の業者が潤えばそれでよしって計算ですかね。しかも、元はどこの税金かというと自分が住んでる自治体(A市)のですよ。A市に入るはずだった税金が、A市の事業には使われずにドラレコに化ける*2。もっともA市にしたって減った分はある程度国から補填される。ということは原資は国税だ。見れば見るほど複雑な気分になりますね。やっぱり不健全じゃないのだろうか。

考えてみればクルマ関係で、税金で何かを貰ったのは2度目だ。前のクルマにつけた「ETC車載器」もそうだった。
gyogyo6.hatenablog.com
制度を利用して税金をパクパクいただいている業者があるということは覚えておいた方が良いと思った。

それでドラレコの方ですが、フロントガラスへの接着から配線の取り回し(といってもピラーの覆いをガリッと外して線を通しただけの簡単作業)など行い設置完了。これでもうどこを運転したか家族にはお互いバレバレ(ドラレコにはGPSが搭載されており、どこを走ったかの記録もされる)である。むう。
つけて約1カ月になるが、映像を見返しても前方の風景が延々映っているだけでスピード感もあまりなく特に面白みなし。まあこれの映像が役目を果たすのは交通事故やら車上荒らし被害の時であり、ふだんは空気のような存在であることが平穏の印と思っておこう。
f:id:gyogyo6:20170128151820j:plain
f:id:gyogyo6:20170128151849j:plain
ミラーの向こうにつけているので室内からはほとんど見えない場所である。

追記(2017年5月)

伊那市は電化製品を返礼品としない、と方針変更した。受付は2017年5月末まで。
全ての電化製品の取り扱いを終了します(平成29年5月31日受付締め切り):伊那市公式ホームページ
その背景に総務省の通知がある。
www.asahi.com

まあ、そういうことである。残当

*1:本当は住民税は県と市に対して払っているので税金が減るのは「A市」と「a県」の2自治体になるが、計算が面倒なのと本質は変わらないので市の税収だけが減ることにしている

*2:その原因を作ったのは自分だが

今年のおくやみ2016

マイはてブの「おくやみ」タグより。抜けご容赦

朝本さんは2年前の事故で意識不明となり、2年間意識戻らずということでした。

今年4月の時点(今年のおくやみ2016(異常事態) - 雷電のチチ日記)ミュージシャンの訃報多すぎと書いていたのだが、残念ながらその後も同じような傾向であった。

誰が亡くなっても悲しいものだが、自分が若い頃から親しんでいたミュージシャン、心酔すらしていた人が亡くなるのは喪失感が激しい。同世代の人が亡くなることも増えてきた。合掌