雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

toto BIG

なんだか、すごい売れているのだそうだ。(記事:BIG売り上げは50億円を突破!
だがちょっと待ってほしい。なぜこれだけキャリーオーバーが積み上がっているかというと「これまで当たらなかったから」であり、当たりにくいくじなのだ。1等の当たる確率は3の14乗分の1だから約500万分の1。この確率は変わることはない。これだけ売れればさすがに1等は出るのだろうが、それは「誰かに当たる」ということであって、それが自分である確率はやはり限りなく低い。でも、買っている人は当選の確率が上がったと錯覚しているか、あるいは「自分にだけは当たる」と信じてるのだろうな。
というわけで自分も買ってきた。(笑)

なんか絶望的な配牌の気がしないでもないが、そんなことはもはや問題じゃありませんよ。ええ。

まあ当然の結果でしたが

もしも6億円当たったらどうしよう、などと一瞬でも考えてしまうところが悲しい。こんな額の使い道は私の貧困な発想ではどうにもならない、とりあえず地元のサッカーチームに年間100万円ずつ寄付しようか、などと考えた。それでも600年間も支援できることになり、やはり想像の域を超えている。当たった人は本当にどうするのだろう。「とりあえず家と自動車買って、残りは利殖」なんてのは最悪だ。

広告を非表示にする