読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雷電のチチ日記

二千円札を最後に見かけたのはいつだったろう./最近はTwitterでつぶやいてることが多いかも/はてなダイアリーから移ってきました since 2005

オリンピックとパラリンピック

さてロンドンパラリンピックが閉幕しましたが、メダル数を見ていてオリンピックとはだいぶ様子が違うのが気になった。特にアメリカ、オリンピックでは金メダル数、総メダル数とも頭一つ抜けたトップなのに、パラリンピックではその他の国々の中に埋もれている。逆に圧倒的にパラリンピックのメダル数が多いのは中国である。
以下はオリンピックの金メダル数、パラリンピックの金メダル数の順に並べてみた表です。
スポーツ大国は先進国に多く、そのような国々は障害者スポーツへの理解も深く参加者も多くレベルも高いと思っていたのだが、微妙に違うようだ。どういうことでしょうね。もちろんメダルの数ですべてを判断すべきではありませんけれども、ひとつの目安として。




































































































Country

O.Gold

O.Total

P.Gold

P.Total

アメリカ

46

104

31

98

中国

38

88

95

231

イギリス

29

65

34

120

ロシア

24

82

36

102

韓国

13

28

9

27

ドイツ

11

44

18

66

フランス

11

34

8

45

イタリア

8

28

9

28

ハンガリー

8

17

2

14

豪州

7

35

32

85

日本

7

38

5

16

カザフスタン

7

13

0

0



























































































Country

O.Gold

O.Total

P.Gold

P.Total

中国

38

88

95

231

ロシア

24

82

36

102

イギリス

29

65

34

120

豪州

7

35

32

85

ウクライナ

6

20

32

84

アメリカ

46

104

31

98

ブラジル

3

17

21

43

ドイツ

11

44

18

66

ポーランド

2

10

14

36

オランダ

6

20

10

39

イラン

4

12

10

24

広告を非表示にする